社外からでもアクセスできるシステムにするには

社外からでもアクセスできるシステムにするには
社外からでもアクセスできるシステムにするには

セキュリティシステムが行ってくれるファイアウォール

マンションであったりオフィスビルには廊下や階段に扉がついていることがあります。普段は使いませんがあるときには閉めます。それは火災のときです。閉めることによってそれより向こうに火や煙が行かないようにしてくれます。その間に逃げることができます。住宅などでも火災が起きたときに何もしていないと隣に燃え移ることがあります。間に壁があるとそれによって火が遮られることがあります。延焼を防げる場合があります。

コンピュータのセキュリティシステムにもファイアウォールと呼ばれる機能があります。もちろんコンピュータが火事に遭うわけではありません。ネットワークにつながれているとコンピュータ側から情報を発信するだけでなく、外部から特定のコンピュータに入り込もうとすることがあります。許可をしているなら問題ないですが、許可をしていない侵入もあります。

そういった問題のある侵入があるときに入れないようにネットワークをせき止めるのがこの仕組みの役割です。一般的には外部から情報が入ってくることがないので、何らかの情報が入ってきたときに対応してくれるようが、メーカーによっては対応の仕方が異なります。どのタイミングでチェックをしているかによっても異なります。

お薦めサイト

Copyright (C)2017社外からでもアクセスできるシステムにするには.All rights reserved.