社外からでもアクセスできるシステムにするには

社外からでもアクセスできるシステムにするには
社外からでもアクセスできるシステムにするには

ネットワークサーバシステムに不可欠な安全ポリシー

オリジナルなネットワークサーバシステムを築くには、どんなログイン情報でも見守ることができるソリューションが必要です。セキュリティーの基本として大手がやっているようにユーザー認証の仕組みを導入していきましょう。ユーザー認証をベースとした安心できる社内ネットワーク作りを進めていきましょう。それにはアドミニストレーター権限を持った管理者を配置していくことが大切です。そういう技術者にユーザーアカウントの管理を行わせれば気も楽ですね。

大事なデータの管理は、ユーザーを制限する仕組みもしっかりと作って一元管理するのが先決だと思います。これまではバラバラなユーザーアカウントの管理だったり、データファイルのアクセス権だったりしたものを改めましょう。一元管理してアクセス権を集中的に管理できることが大事なのでしょう。

ユーザーアカウントでネットワークプリンターなどのハードウェアの権限も制御できると便利だと思います。システムの安全性はポリシーによって管理されるべきです。大事な会社の情報にアクセスできる人間を制限して、なおかつログも残しておくと何かあった時も対処しやすいでしょう。そういう仕組みを作って人の人為的な行為でのセキュリティーの穴を発生させないようにしていきましょう。

お薦めサイト

Copyright (C)2017社外からでもアクセスできるシステムにするには.All rights reserved.